トップページ学校概要>校訓・学校教育目標

学校概要

校訓・学校教育目標(ミッション)

校訓

質実剛健

 

建学の精神 「教育は愛なり」

 

広陵高校が果たすべき役割(ミッション)

「高い志を持ち、自らの夢や目標に向かってチャレンジする生徒を育て、地域社会・国際社会に貢献する有為な人物を育成する」

 

校訓碑

使命を追求し実現しようとする学校像(ビジョン)

  • 授業が真剣勝負の学校
  • 明るい笑顔の挨拶が交わされる学校
  • 掃除の行き届いた美しい学校
  • 部活動・学校行事・ボランティア活動に励む活力ある学校
  • 中期教育経営目標

    学習指導

    生徒の学習意欲の向上と学習習慣の確立及び、基礎・基本的な知識・技能の習得とその活用に努める。

     

    進路指導

    生徒一人ひとりの興味・関心、適性等を考慮した、きめ細かい進路指導と同時に、自立できる社会人を育むという社会的責任の観点からの指導にも努める。

     

    生徒指導

    規範意識や感性を培い、ひいては人間としての尊厳、自他の生命の尊重や倫理観等を養い、それを基盤として、社会生活上のルール・基本的なモラルなどの倫理観の育成により、他人と協調しつつ自立的に社会生活を送ることができる生徒の育成に努める。

     

    特別活動

    健やかな心身の育成を目指した特別活動の活性化に努める。

     

    国際理解教育

    国際理解教育の更なる充実・深化に加え、「英語」を本校の特色ある科目として特化するように努める。

     

    家庭・地域との連携

    家庭・地域に開かれ、信頼され、愛される学校づくりに努める。

校名の由来

校名校名の「広陵」は漢代に長江北岸に位置した呉王の王都(みやこ)「広陵」に由来を持っています。その風光明媚な王都の文化に強い憧憬を持つ江戸時代の漢詩人たちが立地条件の類似性から、水の都広島を「広陵」と呼ぶようになったと言われています。開学の祖鶴虎太郎先生が、本校が広島において文化の香り高い第一等の学校になることを願い、明治34(1901)年に校名を「広陵」と名づけました。

校章の由来

校章昭和33(1958)年に改訂された校章は、広陵の頭文字「K」の中央に「高」を配したもので、Kを構成する線は、広島市を流れる清流太田川を示し、永き伝統を受け継ぐ進取・努力・剛健の気風を象徴し、より高きものを求める青年期の理想を描き、図案化した書体の「高」と調和させています。

校歌の由来

現在の校歌は、昭和33(1958)年、作詞 葛原しげる先生、作曲 川崎優先生によって新たに作成されたもので、当時の理想と希望に満ちた本校の盛運を清新高雅な曲に歌い上げたものとなっています。

広陵高等学校校歌

 

ページの先頭へ戻る

English Site | 交通案内 | サイトマップ | プライバシーポリシー | お問合せ