入部希望者の方へ

   文武両道を目指して、クラブ活動をしています。広陵高校は、全国大会出場するクラブが多く、厳しいクラブが多いのですが、バドミントン部は、比較的のんびりやっています。    しかし、秩序を持って練習に取り組んでいるクラブです。       

バドミントン部の特徴

 部員数 男子 35名 女子 33名 合計 68名(28年度)

 練習場所 月、水、土、日 広陵高校体育館 木、金 安佐南区スポーツセンター

      火 広陵高校外周等  

 練習時間 6時限 女子 PM4:00PM7:00  男子PM4:00PM7:30

           時限 女子 PM5:00PM7:00  男子PM5:00PM7:30

練習スケジュール

 ・土・日のどちらかに練習した場合は、火曜日を休みとしています。

 ・試験週間、試験期間中は、クラブはありませんが学習会を行います。

 ・年3回程度の合宿を行います。(4月、8月、11月)

バドミントン部のレベル

男子:男子:メンバーによって異なりますが、昨年のチームは、ダブルス広島県で優勝、シングルス3位、団体戦3位でした。基本的に、初心者からでも県ベスト8以上を目指しています。

女子:女子:広島県ダブルスベスト16、地区大会ダブルス 5位,団体戦3位でしたでした。現在女子は、中国大会出場を目指しています。

クラブ活動のスタンス

    クラブ活動と学習活動の両立を目指し、「文武両道宣言」をしています。

バドミントン部は、4期連続国公立大学に進学者を輩出しています。現在の部員もクラス内でトップクラスの生徒が多く、クラブと勉強をバランスよく両立することに成功しています。

T類の生徒でも学習や補習とうまくバランスをとりながら、クラブ活動を両立する生徒が多いのが特徴です。

広陵高校の中でバドミントン部の生徒は、生活面、学習面そしてクラブ活動も、熱心に取り組むと高い評価を受けています。

この伝統をこれからも守っていきたいと思っています。 

 

現在、広陵高校内の体育館は先行の各クラブが、毎日練習を行っており、平日は後発のバドミントン部の使用する余地がありません。

      そのため、練習に広陵高校前の安佐南区スポーツセンターを利用しています。使用料が1回当たり150円かかるため、経済的負担をご家庭におかけすると思います。大変申し訳ないのですがなにとぞご理解ください。

     部費:月1,500

 

 今年度のバトミントン用品の購入計画は、以下の通りです。参考にして下さい。

   用 品 名      購入時期      価 格

   バドミントンラケット   4月〜6月   \ 10,00025,000

   バドミントンシューズ      6月〜9月    \ 6,00010,000

   試合用ウェアー(上下)      6月〜9月    \ 8,00015,000

   ウィンドブレーカー(上下)  10月〜12    \ 13,00018,000

価格は、どの商品を選ぶかにより大きく左右されます。また、ラケットは、消耗品ですので3年間で2〜3本必要となります。現在、お持ちの方は購入する必要はありません。

  特にユニフォーム以外は、揃えて購入することはありません。学年によっては、生徒同士で話し合いをして、購入することもあります。

 

指導者紹介

教諭 藤岡 義憲

   教科 理科

   バドミントンは、高校時代3年間やっていました。現在も生徒と組んで社会人の大会に時々出ています。

外部コーチ

   三角 和志

   元三角ジュニア監督で、ジュニアチーム中心に全国レベルの選手を何人も育てています。