緊急時の対応についてemergency

警報発令時の対応についての基準

R1.5.1 実施

悪天候による警報発令時は、安全確保が最優先事項です。在宅中は、次に示す基準をもとに、保護者が判断してください。

集中豪雨・台風など自然災害に関して

(1) 午前6時の気象情報(NHKの気象情報)で、広島市に下記の警報が発令された場合の対応について。

ア 午前6時の気象情報(NHK:5時56分~59分)で、

広島市に次の何れかが発令されている時は、自宅で待機とします。

在住地区に「避難勧告」が発令されている時は、その指示に従ってください。

イ 警報等が解除された時の登校時刻とスクールバスの運行時刻

警報等解除時刻 登校時刻 授業開始時限
8:00まで 10:30 3限~
9:30まで 11:30 4限~
11:00まで 13:00 5限~
学園バス運行時刻
Aルート Bルート
9:00 9:30
10:30 11:00
11:30 12:00

ウ. 午前11時の時点で、アの状況が継続している時は、臨時休校とします。

(2) 広島市以外に在住している生徒で、広島市と警報の状況が異なる場合は、保護者が安全を確認の上、在住している地区において (1) に準じて対応をしてください。
そのような場合は、学校( 担任)に電話連絡をしてください。警報が解除された場合は、再度学校に電話連絡をして、指示を受けてください。

(3) 登校後の警報については、安全を確認したうえで、下校を早めたり、遅らせたりします。

(4) 臨時休校で、授業が欠けた場合は、補充授業を行うことがあります。

注意事項

(1) 臨時休校に関わる警報は、特別 、 大雨・洪水 、 暴風 、 暴風雪に限定します。ただし、在住地区の避難勧告は当該生徒のみ公認( 欠席・遅刻) とします。

(2)「 メールによる学校連絡網」での連絡は、午前 6 時 30 分頃になるので、気象情報を確認し、各自で判断してください。

(3)「臨時休校」にするかどうかの判断は、あくまでも午前11時の時点で判断します。

お願い

「メールによる学校連絡網」への登録をお願いいたします。

不明な点がございましたらご連絡ください。