教育内容Education

授業カリキュラムcurriculum

これからの社会で必要とされる力を身につける

きみたちが担う近い将来の社会では、さらに多様な力を必要とされます。
新たな社会で必要とされるICTへの対応力や、グローバルな感覚を身につける教育を積極的に取り入れています。また人間として、社会人として必要とされる基本的な人間力の育成にも伝統的にしっかりと取り組んでいます。

ビジョンに合わせて学べるコース設定

普通科Ⅰ類・特別進学コース

質の高い学習で国公立大学・難関私立大学を目指します。

  • 2年次より、文系・理系の2コース を設定し、より良い進路実現を目 指します。
  • 週に3日、7時間授業を行います。
  • 英検、GTEC(英語4技能検定)、数検、漢検など、様々な外部試験受験を積極的に推進し、サポートします。

生徒自身が何をしたいかを考え、それに向けて行動できるように

2年次では、それぞれが何をしたいかを引き出し、行きたい大学の名前まで言えるようにすることが最初の目標です。学習面でも生活面でも、PDCA〈Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)〉を管理するために、手帳を必ず持たせて、予習復習の進度やどの科目に何時間割いたかを記録。自分で考えて、自ら行動できるようになることを目指し、指導しています

部活と勉強の両立は大変だけど、励まし合って頑張っています

国公立大学を目指したくて、Ⅰ類を志望しました。部活も吹奏楽部に入り、宿題もたくさん出るので、想像以上にハードな毎日ですが、クラスの仲も良く、担任の赤坂先生も優しいので、励まし合いながら頑張っています。個性的な先生が多いですが、どの先生の授業もわかりやすく、質問に行くと丁寧に教えてくださいます。作業療法士という目標に向かって、これからも頑張ります。

普通科Ⅱ類

多様な学習を通して、部活動との両立や幅広い進路を実現します。

  • 2年次より、文系・理系・総合の3コースを設定します。
  • 文系・理系コース
    国公立大学・難関私立大学を目指す進学コースで、週に3日、7時間授業を行います。
  • 総合コース
    大学進学、専門学校進学、就職を選択できるように工夫したコースで、希望者には、週に3日、7時間目に自由選択科目を設定しています。

勉強ができないと思い込んでいる生徒の目線を引き上げていく

Ⅱ類文系で大学進学を目指す生徒たちが集まるクラスです。現在個人懇談を進めている最中ですが、自分は勉強ができないと思い込んでいる生徒がよく見受けられます。目標は高いところに設定しないと、どんどん低い方へ流されがちになるので、いろいろな進路の選択先があることを示しつつ、自分でも気付いていない力に気付かせ、引き出していきたいと考えています。

友達もたくさんできて毎日学校に行くのがとにかく楽しい

家から近かった広陵を選びましたが、最初は友達ができるか不安でした。けれども1年経って友達もたくさんできて、学校に行くのがとにかく楽しいです。部活は体験入部で楽しそうだったフォークソング部に入り、ギターも覚えました。今年の目標は将来の夢を見つけること。大学には進学したいと考えているので、色々なオープンキャンパスに行ってやりたいことを見つけたいです。

ICT教育の推進 [ 新テスト(大学入学共通テスト)に向けて]

全教室へプロジェクター

全ての教室へプロジェクターを設置し、常設可動式のスクリーンと、黒板との併用でよりわかりやすい授業を展開。

1人1台タブレットの整備

1人に1台のタブレットを用意。授業は、プロジェクターとタブレットのコラボでアクティブ・ラーニング(対話を重視した主体的で深い学び)を導入。e-ポートフォリオに記録していくことで、いつでも自身の習熟度や達成状況を確認でき、担当教諭と共有します。

e-ラーニングの自立学習応援プログラム「すらら」

個別学習「すらら」で中学校までの学び直しからセンター試験まで対応

校内や家庭でパソコンやタブレットを使って国・数・英の3教科が学べるシステムを導入。中学校までの学び直しから大学入学試験対応までの学習範囲を自分のペースで勉強でき、部活動との両立も可能です。

3年間の目標と授業カリキュラム
1年次 自覚と誇りを持った真の「広陵生」になることを目標に自己の興味・適性を知り、夢の実現のためにどのような進路先があるのか研究し、2年次の「文理選択」へとつなげていきます。
2年次 大学の学部・学科や職種など、将来の進路先についてさらに詳しく研究し、適性・興味・能力に応じて、より具体的な進路先の決定をすると同時に、その進路希望を実現させるための方法を調べ、進路実現の実力を養成します。
3年次 決定した進路先への合格を目標に、それに見合った学力が充分に身に付くように計画性を持ち、適切で具体的な努力を続け、進路実現を自己実現を目指します。

 

詳しい授業カリキュラム(教育課程)はこちら